grandcafeosaka.com

Grand Cafe Menber

Grand cafe

SCHEDULE

LINE

2/8 [sat] DAISHI DANCE -“the ジブリ set 2” RELEASE PARTY-

GENRE: HOUSE / EDM past 


12月にリリースした『the ジブリ set 2』のリリースパーティー!
Guest Liveは、『the ジブリ set 2』にヴォーカリストとして参加している、
arvin homa aya(風立ちぬ:ひこうき雲)、GILLE(魔女の宅急便:やさしさに包まれたなら)の2名を迎えての開催!

TIME: 21:00 〜 late midnight!
PRICE: ¥3,000/w1d
22時までに入場の方は¥1,500/w1d

■Guest Live■
arvin homa aya
GILLE

■DJ■
DAISHI DANCE

CHOO


arvin homa aya
www.arvinhomaaya.com/
カリフォルニア州サンフランシスコ生まれ。
1998年にスタジオ・ワークを中心に音楽の仕事を始める。2002年からJazztronikを始め、
須永辰緒やReggae Disco Rockersなどの作品でfeat. vocalistとして参加し、活動の幅を広げる。
2005年8月にJazztronikプロデュースのもと、
初のオリジナルアルバム「Butterflies」をリリースし彼女名義でのライブ活動を開始。
2006年10月には初のセルフプロデュースアルバム「Amazing」をリリース。
トラックプロデュースにKyoto Jazz Massive、福富幸宏、須永辰緒、
Studio Apartmentらを迎え話題となる。
2007年、DAISHI DANCE、FreeTEMPO、GTS、Kentaro Takizawa等、
多くのハウスアーティストにボーカル起用されると同時に各地でのクラブ・イベントに数多く出演をする。
2008年9月、過去のfeat.作品をコンパイルした「My mUSic tRee」をリリース。
そして同年12月にはメジャー第一弾となるアルバム「VOICE」をリリースし、
iTunesダンス・シングル・チャートでは1位と2位のダブル・フィニッシュを果たす。
アルバム・チャートでも2位となり、初のリリース・ツアーを行う。
2010年には、先行シングル「What Moves You」とiTunesダンス・チャートで1位を獲得した
「Follow Your Dream -DAISHI DANCE Remix.-」の2曲をiTunesで限定配信した後、
5月にStudio Apartmentの阿部登氏とのco-produceによるminiアルバム「no.5」をリリースする。同月から、ハウスでの女性ボーカリストとしては初となる20箇所近くの単独ツアーを行い注目を集める。
そして、2011年11月16日には、福富幸宏、阿部登、JiN、そしてunknownをプロデュース陣に、リミキサーにはSUGIURUMNを迎えた3年ぶりのフル・アルバム「Up Close」をリリース!
ツアーも開始され、アルバムと共にアパレル・ブランド「BLONDY」とのコラボ・ツアーTシャツも話題となる。

__


GILLE(ジル)
www.universal-music.co.jp/gille
1987年 宮崎県出身。幼少期、祖母の影響を受け、3歳より日本舞踊を始める。小学6年生から英会話を習い始め、中学・高校と数々の英語弁論大会で優勝を重ねる。 大学時代、歌の世界に少しでも近づくため路上ライブなどで音楽活動を続けていき、2010年宮崎の実家の牧場が大きな被害にあい、家族にエールを送るため に作った曲「WILL」が話題となる。TASHA geeのアーティスト名でシングル「WILL」(2011年7月24日)と「花びら/初恋メモリー」(2012年3月20日)の2作品をインディーズよりリリース。
2012年2月、GILLEのアーティスト名でYouTube上にアップしたシルエットカバー動画が”YouTube上に現れた ミステリアス・シンガー”としてtwitterやFacebookなどのソーシャルメディアを中心に驚異的なスピードで話題となる。GILLE名義関連6動画の累計再生回数は公開からわずか素性もわからない全く無名の新人にして約1ヵ月間で180万回を突破、その洗練されたヴォーカル・パフォーマンスと圧倒的クオリティの高さに世界中から絶賛の声が寄せられた。また同時に自身のYouTubeアカウントに世界中のレーベル、マネジメント、メディアからラブ・コールも殺到、アカウントに書かれている自身のコメン ト”Let my music be heard to the world(私の音楽よ、世界に届け!)”の意向を反映する形で争奪戦の末、ユニバーサルミュージックからHilcrhymeのカバー「春夏秋冬 (English Ver.)」デジタル・シングルで緊急デビューを果たした。”国籍や年齢、ビジュアルなどの特定IDに寄らず、声と音楽性だけでどれだけの人に自分の歌を聞いてもらえるのか”というスピリットを大事にしたかったことから素性は明かさず純粋に音楽を届ける、というスタンスで活動してきたが、2012年7月18日メジャーデビューアルバム『I AM GILLE.』(2012年オリコン年間アルバム売上枚数ランキング 新人部門1位)のリリースを機に素姓を明かし、今後はGILLEとして活動していくことを発表。
待望のオリジナル1stアルバム『GILLEsound Vol.1』を2013年3月6日にリリース。“恋のマイアヒ”をサンプリングしたオリジナル・ファースト・シングル「GIRLS」、そして豪華キャストが出演したドキュメンタリーPVシリーズ“Try Again Stories”がYouTubeでトータル250万回再生を超え話題となったセカンド・シングル「Try Again」を始め、バラエティに富んだ11曲を収録。
多彩な輝きと表情を見せるその声はリスナーからのコメントにもあったまさに”ダイヤモンド・ヴォイス”の名にふさわしい。 今、もっとも注目を集めているシンガーの1人である。

__


DAISHI DANCE
札幌を拠点に活動するHOUSE DJ/PRODUCER。メロディアスなHOUSEからマッシブなHOUSEまでハイブリッドでカッティングエッジなDJスタイルでダンスフロアに強烈なピークタイムと一体感を創り出す。札幌の老舗CLUB“PRECIOUS HALL”でのレギュラーパーティは17年目に突入し毎月5時間〜8時間ものロングセットDJを披露している。2008年からは、札幌以外にもアジア最大のクラブイベントageHa【ARENA】東京をはじめ、大阪GRAND Cafe・京都WORLD・福岡O/D・韓国などの国内外の大型メジャークラブでレギュラーパーティをスタート!各地のCLUBにてDJとして出演していて年間150回以上のギグをこなしている。ピアノやストリングスを軸としたメロディアスな楽曲プロデュースが特徴的で2006年から”the P.I.A.N.O. set”、”MELODIES MELODIES”、”theジブリset”、”DAISHI DANCE Remix.”、”Spectacle.”と毎年自身のアルバムをリリースし、いずれもロングセールスを記録している。多数のリミックスやプロデュース作品、コンピレーションや家電製品への楽曲提供など活動は多岐にわたる。
2012年11月に3年ぶりのオリジナル4thアルバム”Wonder Tourism”をリリース。
2013年3月には”MYDJBOOTH.3”MIX CDシリーズ最新作をリリースしている。
デビュー当初から韓国での活動も本格的に行っていてSEOUL最大のCLUB ELLUIでのレギュラーDJを務める他、BIGBANG、AFTERSCHOOL、RAINBOWをはじめ韓国の人気アーティストへの楽曲提供も多数手掛けている。

__


the ジブリ set 2
2008年リリース以来、現在もセールスを伸ばし続け40万枚超えのモンスターヒット・アルバムとなった「the ジブリ set」。5年を経てDAISHI DANCEが遂に「the ジブリ set 2」をリリース! 今作ではオリジナル楽曲を歌っていた方達も御参加頂き、前作からのリアレンジ曲も含めての「ベスト盤」的アルバムになりました! !
DAISHI DANCE自身、アーティストとして活動する以前からジブリ作品の大ファンであり、同時に音楽を手掛ける久石譲さんの楽曲に大きな影響を受けておりました。いわばDAISHI DANCEの原点と言えるジブリ・サウンドを自らのフィールドであるダンスミュージックと、原曲、そしてジブリ作品の世界観を損なう事無く融合させる。そんなアプローチを施すことで、より多くの人に自身の大好きなジブリ作品を伝えたい、その熱い思いが帰結した作品が、前作「the ジブリ set」になります。
あれから5年、進化するジブリ作品を見、久石譲さんの新曲を聞いている内に、前作では収録しきれなかった名曲、また新曲の数々を、今だからこそ出来る、新たな「the ジブリ set 2」を制作したいとDAISHI DANCE自身思う様になりました。
「the ジブリ set 2」はメロディアスでドラマティックな定番のスタイル、現在進行形のダンスミュージックのトレンドを意識した“今らしさ”、そして 新たにメロウなビート構成と、3つの音楽性を織り交ぜる事でさらなる魅力を生み出す事に成功しました。同時に前作で収録しきれなかった楽曲に加え前作で収録されていた楽曲も新たにリアレンジしコンパイル。さらには今回オリジナルのアーティストも参加するなど大幅にパワーアップ。また、今作はビジュアル面にもこだわり、写真は全てDAISHI DANCE自身が撮影しております。

TOP

Copyright © 2011 GRAND Cafe. All rights reserved.

Grand Cafe Menber