grandcafeosaka.com

Grand Cafe Menber

Grand cafe

SCHEDULE

LINE

11/16 [sat] GRAND Cafe 19th Anniversary Party “DROP ZONE” 1st Anniversary

GENRE: HOUSE 


KARIZMAがNEW ALBAMを引っ提げて初登場。
Basement BoysクルーとしてDJ Spenと共に、長きにわたり活躍しハウスのヒット曲を量産してきた彼がグランカフェ初登場。NEW ALBAM『wall of sound』でも聞く事ができるが、CDJ2000 3台を余すことなく楽器のように操る姿は必見。DROP ZONEダンサーによるSHOWもこの日のためのSPECIAL Verで、こちらも今から楽しみだ。

TIME: 21:00 〜 Late Night
PRICE: ¥3,000/w1d

■Special Guest DJ■
KARIZMA

■Residents DJ■
DJ K-Katsu (The5Circle / SOLE channel Family)
BANZAWA (Soul Tribe / Radical Soul)

■Special Live Show■
KARIZMA×DROP ZONE DANCERS

■DROP ZONE DANCERS■
YUKIHIKO (MASONIK COLLECTIVE)
PIRO (MASONIK COLLECTIVE)
KAZUKIYO (BOUNSTEP)
KORGE (MASONIK COLLECTIVE)
PE (HAYESTA)
SAKAPON (HAYESTA)
Sacco (Pulsecode)
keiko (Pulsecode)

■Power Support by■
La GRANDE LUE


KARIZMA
Basement Boysの一員としてDJ Spenと共に数々のヒット曲をリリースしてきたKARIZMA。彼が突如として世界的な注目を集めるきっかけになったのは2006年に発表した”Twyst This”だ。 この曲はGilles Petersonによってヘヴィ・プレイされ、リリース前にも関わらず世界的な注目を集める程のヒットになった。そして、2007年には満を持してソロ・デビュー・アルバム”a mind of its own”をリリース。その後のKARIZMAの飛ぶ鳥を落とす勢いの快進撃は皆もご存知であろう。テックでありながらもソウルフル且つファンキーなその音楽は、Gilles PetersonやTimmy Regisford、Quentin Harris、Louie Vega、DJ Spinna、Dennis Ferrerを始め、あのDerrick Mayまでもが絶賛する程である。
セカンドアルバム”a mind of its own V.2.0″では前作を上回る内容で、Monique BinghamやFruity、Djinji Brown等のシンガーやMCをフィーチャーし、更なる進化を遂げている。 プロデューサーとしても素晴らしいKARIZMAであるが、彼の本当の魅力はそのDJプレイにおいて真価を発揮するといっても過言ではない。ダンス・クラシックスからテック・ハウス、ブロークンビーツ、アフロ、ヒップ・ホップ等の楽曲に至るまで、あらゆる楽曲をCDJを駆使してプレイされるそのファンキーなグルーブはクラウドを圧倒するに違いない。そのKARIZMAが今年、4年ぶりにニュー・アルバム”WALL OF SOUND”をリリースする。グルーヴィーなハウスからビート・ダウン、ソウル、JAZZ、HIP-HOPに影響された多彩な楽曲で構成された新作はまさにKARIZMAワールド。
来日の度にファンを熱狂させてきたDJ KARIZMAが遂に待望の再来日を果たす。
__

TOP

Copyright © 2011 GRAND Cafe. All rights reserved.

Grand Cafe Menber